猫喘息動画



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

*まさやんちの里親さま募集*
我が家の保護猫・ちびをの里親様を募集しています

ちびを♪

バナーをクリックすると募集ページが別ウインドウで開きます。
  2008/9 募集ページが新しくなりました!ぜひご覧くださいね♪

可愛いちびををどうぞよろしく!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



猫喘息動画

ここんとこ、くろちゃんが
いじいじいじいじ いじけむしのすねすねすねこさんになってます。

くろちゃんは喘息持ちで、
小さい頃からときどき咳をしていたのだけれど、
(あ、喘息だと診断されたのはほんのちょっと前のことです)
それが最近、ときどき、ではなくって、
毎日数回咳の発作が出るようになったのです。

咳の動画です。







1回の発作は動画に撮れた時間の倍くらいです。


で、病院で診てもらったら、
気管支にすこぅし炎症が起きてまして、
ただいま、その炎症を抑えるためのお薬投下中なのですわ。


大嫌いな病院へ連行されたあげくに、
毎朝毎晩、とっつかまっては口を開けられて美味しくもないものを
ムリヤリごっくんさせられてるもんだから、
すっかり落ち込んじゃって、
どよよ~~~~~~~んとなってるわけです。

薬が効いたのか、咳は少しおさまってきてるのですけれど、
咳がひどかったときも、そのとき以外はケロっとしてて、
食欲もあって毎日元気良く遊んでましたのに、
いまや不信感のかたまりになり、
ちっとも遊んでくれず、
困り顔にさらに磨きがかかり、
お先まっくら、みたいな顔になってます。
まっくろな顔、はもともとですけれども。


くろちゃんメインなはずなのに、ももちゃんが・・・



こっちをお向きよソフィア~♪

わたしの視線を感じるとそっぽ向きまする。


炎症の度合いはほんの軽いものです。
以前に撮ったレントゲン写真と今回のとを比べながら、

「ほら、ここが白くなってるでしょう?」と言われても、

しろーと目にはなんのこっちゃわからず、

「え?え?どこが??」 というくらいのものです。


原因を突き止めるためには、気管洗浄をしたいところですけれど、
くろちゃんの症状の度合いからすると、そこまでは必要ない、
ということらしいです。 まあ、それはわたしもそう思います。
気管洗浄は全身麻酔にもなりますし。

ひとまず投薬が終わったら再度検査、
それで状態を見ながらコントロール、ということになるのでしょう。



おっぱいが目立つ黒猫よ


くろちゃん、投薬の気配を感じると少しは逃げるものの、
全力で逃げたりはしないのです。
だからすぐにとっつかまるわけです。
シャーシャー威嚇したり、
噛んだり引っ掻いたりというような激しい抵抗もありません。
(誰のことさ~)
ただ、投薬後にはなんとも言えない、もの悲しい顔をするのです。
その顔に、
モーレツに胸がキュンキュンキュンキュン痛むわたくしです。

胸キュンのまま9月が始まってしまいました。
秋は胸キュンなのであります。


は~今日はよーさん字ぃ書いた。




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。